読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オヤジからでもやり直しはできる!

パチスロ辞めてよかった。オヤジの再出発

オヤジのやり直し  今日が残された人生の始まりの日

パチスロ辞めてのデメリット?

スロ辞めて114日目

 

パチスロやめて感じる、思うデメリットって

なんだろう?

ふと思った。

 

 

1.職場での話しについていけない

2.万が一勝った時の臨時収入がない

3.ドキドキ感が味わえない

4.プレミアム演出の可能背に遭遇することができない

5.パチンコ屋でカワイイ女子と遭遇するチャンスがなくなる

 (あのー目押ししてしてくれませんか?カラの恋の予感)

6.もうおもいつかない、、、

 

 

これを分析してみると

1.パチスロ辞めても、やってる人の話を聞くけど

 可愛そうに思えてくる今日この頃

 

2.お金の減らない。減るけど、使い方を考えれるようになった。

 

3.youtubeのプレミアム演出を見ても、ここまで金突っ込んで

 こんだけの見返り?ショボっ!お金の減り方にドキドキ感を

 感じることの方が多かった気がする。

 

4.1/32000って何? 何に夢を追いかけてるの?

 

5.プレミアム演出より厳しい確立

 そもそもパチ屋で会う女と継続的な付き合いは難しいでしょ

 

6.やる理由がないということ?????

 

 

 

と、こう書いてみると

改めて、デメリットって少ないような気がしますが

私だけでしょうか?

 

でも、わかっちゃいるけど辞められない時期が

長かったの何故だろう?

 

 

究極に追い込まれていなかったからだろうか?

どなたか論理的に教えてくれる人いませんか?

 

 

 

 

 

もうこの会社には居られないと思った瞬間!奥さんの顔が真っ先に浮かびあがった、、、

スロ辞めて106日目

 

 

1週間ほど前に起きた出来事です。

 

現在、私は飲食店に勤務しているのですが

市内3店舗を経営する飲食店の従業員です。

一応、営業部長という肩書きをいただいていますが

単純なホールの作業も普通にします。

 

 

出来事(事件)はゴールデンウイークの最終日に起きました。

私は、立場上3店舗の一番忙しいお店にヘルプとして手伝いに

行っていました。

そこで働く従業員さんから話を聞きました。

 

厨房のK君:「4/24~5/8まで朝6時から休憩なしで23時までまで勤務が続いています。

        しんどいです。」

 

私:「マジで?」

 

K君「休憩ないのは4/29からですねー」

私:「他のみんなも?」

K君:「厨房はそうですよ」

私:「そーなの?」

 

なんて会話の中から、めっちゃハードだなと思い

 

社長と比較的、接点のある私が社長にある提案をしました。

しかもLINEで!

これが、そもそもの間違いというか、問題の始まりでした。

 

私:「社長!社長もご存知かもしれませんが、〇〇店のスタッフが

   相当身体にムチ打って頑張ってます。5/8の日曜日の夜くらいは

   お客さんもあまり入らないだろうし、早めにしめて焼肉屋で慰労会兼ねて

   スタッフの労をねぎらってやるために少し早めに店を閉めることは

   可能ですか?」

 

社長:「せいぜい21時じゃないと駄目だな」

 

私:「じゃ、スタッフさんにそう伝えていいですか?」

 

社長:「は?誰がそんなこと言ってんの?;:@;;:@@;。。・・:「」

 

私:「?」

 

シビレを切らした社長がLINEのやりとりを中断し

私に電話をかけてきました。

一瞬でキレてるなとわかりました。

 

社長:「お前、何様のつもりよ!、誰がそんなこといってんの?」

    「あっ!?誰よ誰よ?!てめぇーふざけんな!」

 

みたいな感じになりました。

 

そして、話に収まりがつかなくなり、社長にこう言われまして。

 

社長:「ちょっと、話がある!(怒)」

私:「あっ、はい」

 

そして、車で社長の所に着くやいなや

 

社長:「待たせんなよっ!(怒)早く来いっ!(怒)

     早く座れ!、おーてめぇ、今回の件を弁解してみろ

     早く!早く!早く!(怒)」

 

   なんか、これ書いてて、またムカついてきた!!!!!!!

   冷静に冷静に書こう。

 

私:「弁解?って言いますと、どういう意味ですか?」

 

目の前にあった灰皿がテーブルに強烈に叩きつけられました!

「パギャーン」みたいな音

 

社長:「お前、こう言ったよな;@@:;@。。:@「;:」

 

私:「はぁー、かくかくしかじか」

社長:「お前、口うまいねー、直ぐにそうやって話を切り返す!(激怒)」

感情の塊、多分もう少しレベルアップしたら脳溢血で

倒れるほどのカンシャクを起していました。

 

f:id:oyajireset:20160518212454j:plain

 

 

私の心の声:「何言っても無駄だな、、、、」

 

 

今まで、他の社員に対してのやり取りを聞いてもそうだし。

この会社で10年以上勤続している人が誰一人として居ないのもうなずける

なと思いました。

 

酷い仕打ちを受けた社員の中にはこんなことを言われた人も居ます。

社長:「お前の給料なんてのは、金をドブに捨ててるようなもんだ!」

 

って言われた社員もいたほどです。

 

でもね、そのように言われた社員さんの私の印象は

この人がいなかったらこの店は回らないだろうなと思えるほどの

人格者でした。

 

そんな人に対して、社長はそんなことを言ったのであれば

私のことも信用に値しない人間だと子供のように怒りだすのも頷けました。

 

私は思いました。感じました。

 

 

こんな経営者がいるから、従業員も成長しないんだ!

従業員だって家族のいる人も多いですよ!

そんな環境で育った社員が家に帰って、家族にどう接するの?

「あー、今日も疲れた!(ため息)」

これを見た子供、奥さんはどう思うのだろうか?

社長だって、いろんな責任があるから、勘違いして激怒することも

あるだろうけど、この社長に関しては政治絡みでのし上がってきた社長の

印象しかありません。

 

そもそも勉強をしていません。勉強することとを否定すらします。

こんな経緯者が世にはびこるのはゆるせねぇーと思った瞬間でした。

 

しかし、ほとんどの人はこんな状況にも我慢するんでしょうねー

オラは我慢できねぇー

 

 

しかし、妻の顔が子供顔がよぎってしまうのも

現実的に否めないのですねー。葛藤の渦に心が揺れ動く、、、

 

 

でも、今回の件を皮切りに私は

今まで暖めてきた、新たな仕事を更に軌道に乗せようと

奮い立つのでした。

 

 

バカ社長ありがとう!やる気にさせてくれて!

 

あー、ムカつく!って思った!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東国原英夫さんの話を聞いて思ったこと

パチスロ辞めて83日目

 

 

今夜、我が町に

 

東国原英夫さんが来て講演をしてくれました。

演題は

「我が町をどげんかせんといかん!

     子供に伝わる大人のせなか!」

 

でした。

 

結果的に、この演題につながる話ではなかったような気がしましたが

めちゃくちゃ面白かったです。

流石、30何年間お笑いの世界にいて、その後政治の世界に入った人ですから

経験されてるネタが面白すぎました。

 

 

私も42年間生きてきて、転職も7回して、事業も失敗して

アルバイトも10何個かしてきて、いろんな経験してきたけども

東国原さんの話を聞いて、失敗やチャレンジは

これからの人生のネタでしかないなと、改めて思い知らされました。

 

今も飲食店に在職しながらも、新たな事業にチャレンジしようと

動いていますが、失敗や恥をかくことを恐れないで

どんどんチャレンジしたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

パチスロ依存症親父の過去

パチスロ辞めて81日目

 


私は今まで、7回ほど転職を繰り返してきました。
前にも書いたと思いますが、、、


20歳で専門学校を卒業して、バリバリの飛び込み営業の不動産会社(新宿早稲田)に
入社しました。

最初はこれが普通だと思っていました。

その当時は、とてもきつかったのを覚えています。

入社半年で辞めました。

 

今までは部活なども通して、一度やり始めてものは途中で辞めないという
性分だと自分では思っていましたが、最初の転職を機に41歳までに6回の転職を
繰り返しました。


今は7社目です。


6社目のときは流石に結婚して子供もできたので、この会社で一生勤めあげようと
思っていました。

でも、無理でした。

 


年収で200万円以下だったのです。
ダブルワークでピザ屋のバイトも掛け持ちしました。


それでも、家族との時間を犠牲にして得られるものは年収でプラス50万円ほどでした。


これを充分とみるか、不足と捉えるかですが、その当時の自分は不満足でした。

一生このままの人生が続くのかと思い悩んでいました。


60歳過ぎても、ピザの配達をきっとしてるのだろうなと思うと怖くなりました。

 

そんな自分が嫌で、何か自分でできることはないか?と探し始めることに
成ったのですが、以前にも書いたと思うのですが、ネットの副業に手を出して

結果的に小さな事業を失敗させてしまい

 

さんに痛恨捨て台詞を言われるのでした。

 

あんたと出会わなければよかった!

 

「そうかもしれんな、、、」トホホ(心の声)

 

 

転職といい、パチスロの台選びといい、副業といい

自分には、これっ!という軸がなかったなと振り返ってみると

深く反省するパチスロ依存症親父の過去の一部でした。

 

 

前のブログと結構ダブったかも

 

 

 



 

 

パチスロ依存症という病気が薄れてきたと感じる今日この頃

チスロやめて80日目

 

 

いつも職場で接することの多いのが

料理を作る板前さんたちなんですが、話題の6割は

パチンコ・パチスロの話です。

残りの3割が従業員の噂話や会社の愚痴

残り1割が仕事の話ってとこでしょうか、、、

 

 

そんな6割強をしめるパチンコ・パチスロの話ですが

最近、元手が5000円から1パチで1ヶ月で13万円までにお金を

増やしたという板前さんの話題で盛り上がっています。

 

「ついてるなー」

「才能あるんじゃない?」

「いまだけだよー」

「どやって立ち回りしてんの?」

「どうすれば勝てる?」

「お金貸してー」

 

 

などなど、質問されてる方もまんざらではない様子です。

 

 

いつもの私だったら、真っ先に食いついてる話題で

その人がどうやって勝ち続けてるか?どう立ち回ってるのか?を

しつこく聞いて、同じように実践し、うまくいかず

ボロボロになってました。

 

 

でも、今ではそんな話を聞いても

なんとも思わなくなりました。

 

そんなパチンコで1ヶ月かけて10万稼いだって

その10万稼ぐために使った50時間は帰ってこないのです。

何も積み重なってないですからね。

 

 

もし、その50時間を家族とのスキンシップに使ったり

映画鑑賞、読書、副業などに充てていたら

少なくとも知識なり、信頼なりが積み重なっていくはずです。

 

 

自分も、こんな考えが持てるようになったんだなと

自分に驚いています。

 

やはり考え方で、行動は変わっていくんだなと思う今日この頃でした。

 

では

 

 

 

 

パチスロやらなくなって専念してること・・・副収入 やる気になれば何でもできる編

チスロやめて79日目

 

前回、美容室の集客のお手伝いをした件について書きました。

DM&手数料合わせて11万の投資で4.9倍のリターンがあり

オーナーに凄く喜んでもった話です。

 

 

oyajireset.hatenablog.com

 

この結果だけを書くと、いとも簡単に聞こえてしまうのですが

この企画を実施するまでにかかった時間は2か月ほど要しました。

 

それは、なぜこの企画が有効なのか?

なぜ、お客さんは休眠してしまったのか?

どの様に実施するのか?

なぜ私の話を信用しなければならないのか?

などなどについて話し合う時間が必要だったのです。

 

今思えばいい経験になったのですが

最終決定者のオーナーに「YES」をもらうまでが

結構しんどかったです。

 

その具体的な手法を

もしですよ、もしこのブログを見ている方で

ギャンブラーの美容師さんがいましたら

こっそり教えますので

万が一興味のある方は、ご連絡ください。

 

 

この企画で多くの都市で試しましたが

不発はなかったですね。

 

知ってるか?しらいないか?だけのレベルの企画です。

 

 

ただし、その美容室でやります!って言ってもらえるまでが

大変なので、そこまで行くのに、どんだけやる気を維持できるか?

が問題ですね。

まー、やる気になればなんでもできますよ!

 

さー、次は違う仕事に手をつけよー

 

そして、その次は 〆鯖食って寝ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤフオクでの意外な出来事

パチスロ辞めて78日目

 

 

もうパチスロ辞めて、、、っていちいち

書かなくてもいいかなーと思い始めた今日この頃です。

 

 

最近、ヤフオクでちょっと重い商品を出品しています。

その商品は、DIYで使う商品なので、1商品が約10kg以上します。

 

その商品をなんと埼玉から青森県八戸市まで

落札者さんが、わっざわざ取りにきました。

軽トラックに乗って、東北道をつっぱして片道700km以上を

ぶっ飛ばしてわっざわざ来てくれました。

しかも、朝の6時に来てくれました。

 

 

私は、ヤマト運輸で送ったほうが安くつくんじゃないですかー?

って言ったのですが、いやいや大丈夫です、取りに行きます!って

言うモンですから、世の中には変わった人もいるもんだなーと

思っていました。

 

ヤフオクの取引当初、取りに来るといったので

てっきり遠くても東北3県の人だろうなと思っていた所に

埼玉から来るって言うんですからビックリしましたよ。

 

そんな遠路はるばる来てくださったのに
落札してくれた分だけの商品を渡すのに気が引けました。

しかも、商品を積んだときに

「イヤー嬉しいな!嬉しいな!この〇〇って本当にいい商品なんですよねー

一般的には、これは手に入れることは難しいし、この金額じゃ買えませんよ!

いやー嬉っしいなー、嬉しいなーって3回以上言われちゃうと

 

オマケしたくなるじゃないですかー、しかもわざわざ遠くから来てるし

そのままトンボ帰りさせるのも気の毒でしたよ。

 

そして、気付いたら落札した商品が12個だったんですが

結局、総数20個を軽トラに乗せて気持ちよく帰ってもらいました。

 

しかも、帰り際に

「いやー来た甲斐がありましたよー(ニコー^^)ってされると

私も嬉しい気持ちになりましたよ。  なんかこの顔文字キンパルみたいだな

 

 

 

でも、待てよ

あの人、それが狙いだったのかな、、、

とも思いましたが、それはそれで別に悪い気はしませんでした。

 

埼玉から来た彼に、対人関係、商売の秘訣を教えてもらいました。

ちょっとおもしろい出来事でした。