読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オヤジからでもやり直しはできる!

パチスロ辞めてよかった。オヤジの再出発

オヤジのやり直し  今日が残された人生の始まりの日

女性性と男性性から見る パチスロ辞められない人種

  パチスロやらない暦 12日目

 

ひとまず、月の1/3はパチスロをやらずに済んでいる。

 

成長したな、自分!

 

よくやってる。

 

でも、今日は給料日。

 

昨日までは、マネーがなくてやりたくてもやれない状況。

 

今日はちょっと違う。

 

ここを乗り切れたら、結構自信つくと思うんで

頑張って乗り切れ自分!

 

 

ところで、何でパチスロをやってしまうのか?の理由の一つに

 

”仕事帰りにパチスロに行きたくなる” があります。

 

それは何故か?

 

早く家に帰りたくないから

 

じゃ、それはなんでか?

 

妻と接触するのが怖いから、居心地があまりよろしくないから

 

という結論がでました。

 

なんで、居心地がわるいのか?

 

妻との人間関係がうまく言ってないから。

 

原因は、私が嘘をつくから、信頼できないから

という分析になってしまうのです。

 

 

タイトルの男性性と女性性で私と妻の関係性を考えてみたのですが

 

私は自己分析としてパチスロをやってるときは、ほとんど理性的では

いられません。

感情的に成りやすく、600回以上のハマリをくらいだすとイライラしてきます。

逆に、上乗せ上乗せを繰り返したり、箱に入れるときは

とても気分が良くなります。

 

典型的な感情に左右されやすい人間です。

 

 

一方で私の奥さんは、感情的になることはあってもいつも理性的に

理論立てて話してくるのです。

なので、喧嘩をして勝ったことは一度も無いです。

 

そんな夫婦関係を繰り返してると、なんだか自分の存在ってなんなんだ?

自分はいつも攻められている。

子供の前でも理詰めにされて、どんどん存在感が薄れていくのが

自分でもわかるのです。

そんなことが繰り返され、家に帰るのが億劫になっていると

自分では思ってました。

 

でも、最近パチスロをやらなくなり

調べ物をすることがおおくなったのですが

その中に男性性と女性性からみる夫婦関係というのがありました。

 

男性性と女性性を語ると、あまりにも話が長くなるので

ザックリ書くと、男性性は理性的  女性性は感情的 のようです。

 

それは男だから、女だからというのではなく

 

男でも女性性が強い人は多く存在します。

 

きっと、私は女性性が強くて、妻は男性性が強いんだなと

いうところまではわかったのですが

 

この性について突き詰めていくと

人間関係において面白いことが見えてきました。

 

それは、多くの局面で応用できると思うのですが

その一つが仕事です。

 

私は本業の飲食店の営業マンの他に、美容室の集客(営業)代行も

やっているのですが、この性のポイントに焦点を

当てることが集客の鍵になることを今朝しることが

できました。

 

もっともっと、深堀していかなくてならないのですが

せっかく学んだことを忘れてはならないと思い

ブログに書いて忘れないようにしました。

 

よし、ひとまず今日の学びは吸収できた。

 

成長してるぞ!自分

 

昨日の自分を越えてるぞ!進化してるぞ ”たいし”君

 

マジすか?  頑張ります^^