読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オヤジからでもやり直しはできる!

パチスロ辞めてよかった。オヤジの再出発

オヤジのやり直し  今日が残された人生の始まりの日

死を迎えた人を見て思うこと、感じること

パチスロ辞めて22日目

 

 

パチスロと今日のタイトルに思いっきりギャップがある気が

 

しますが、感じたことを書きます。

 

自分は、普段は葬儀関係の会食に携わることの多い仕事を

 

しています。

 

いわゆる、世間では仕出しってやつです。

 

 

この仕事について、まだ半年ほどですが

 

老衰で亡くなる人、不慮の事故で無くなる人

またはその他、、、

 

いろいろいますが、その葬儀の儀式をみる度に

 

 

「自分は今死んだら、妻にどう思われながら手を合わせてもらえるのだろうか?」

 

「子供たちは、父親である自分をどのような想いで手を合わせてくれるだろうか?」

 

「身内は?親戚は?友達は?仕事関係の人は?」

 

 

そう思えば思うほど

 

絶対に今は死ねない、死にたくない!って思いが強く強く沸き起こります。

 

 

そう、それは・・・・

 

  ”今の自分では惜しまれて死ぬことがないとできない”

 

と思うからです。

 

親にも昔、謝金を肩代わりしてもらったり、高額な学費まで払わせたし

両親に恩返しをしないうちは絶対に死ねない、、、

 

もちろん、子供たちにも妻にも

 

ビジネスでも

 

仕事でも、満足できる結果を残さなくては最近よくよく思います。

 

 

ほんと、あれですよ

 

 

パチンコなってやってる場合じゃないですよ。

 

パチスロなんて、論外ですよ!

 

 

時間という命を削ってる・・・