読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オヤジからでもやり直しはできる!

パチスロ辞めてよかった。オヤジの再出発

オヤジのやり直し  今日が残された人生の始まりの日

パチスロやってたせいで・・・その4

パチスロ辞めて35日目

 

最近、学んだことばで身に染みる言葉があります。

 

 

   【過去と他人は変えられない】

 

これ、自分にはドスンと響く言葉でした。

 

今まで、奥さんを変えよう変えようと間違った認識で

奥さんに接してきたからこそ腑に落ちるこの言葉

 

 

そして、パチスロやっていたせいで犯してきた過去の過ち達

 

 

懺悔その4

 

これも奥さんが産休中の出来事だったのですが

 

わりと自由の身の自分は、パチスロをうちたくてしょうがない

 

中毒状況にありました。

 

でも、金がない

f:id:oyajireset:20160303192848p:plain

 

でも、奥さんがへそくりでしまってある現金のある場所は知っていました。

 

奥さんが里帰りしている実家から、アパートまで徒歩15分

 

よっぽのどのことがない限り、アパートには帰ってこないと

思っていました。

 

そんなことをいいことに、少しだけなら借りて返せば問題ないな!と

激アマな考えがよぎりました。

 

このままアパートにぼーっとしてても、つまんないなーと

おもいながら、へそくりのある位置を確認しながら

 

(そんなことやあちゃいかん!) という自分と

 

(天井付近の台が無ければ、打たないで帰ってくればいいよ)という自分との

葛藤が始まります。

 

おおかた、このような戦いには悪い自分が負けることはありません。

 

9割以上の勝率を誇っています。

 

 

案の定、この日も悪い自分が勝利をおさめ、ついに奥さんへそくりに

手が伸びてしまいます。

 

 

そして、誓った天井付近の台が無ければ打たないという自分との約束を

 

新たな敵である希望的観測くん の登場です。

 

 

(両サイドが大きくハマってる! この間の台はきっと出るだろう!

いや、必ず出る!

今やらないで、いつやるの? 今でしょ!

 

はい、さんざん狂いだした人生の歯車が更に狂いだすことになったのは

言うまでもありません。

 

最初は2万円

 

それを補てんしようとして3万円

 

合計5万円

 

それをさらに補てんしようとして3万円

 

合計8万円までへそくりに手が付いた時でした。

 

全て、ライオンとガチョウとゴリラの餌に消えました、、、

 

 

 

そして数日が経ち

 

奥さんと一緒にアパートに帰る時が来ました。

 

 

奥さんが

奥さん:「ちょっと買い物いこうっか!」

自分:「いいよ!」

奥さん:「じゃ、ちょっとまってって!」

 

と言いながら、へそくりのある場所に歩いていくではありませんか。

 

(おい、ちょっと待てそこには行くな!

  まだ、へそくりの充填が完了していないのだぞ! やめてくれー!)

   悲痛な心の叫びです。

 

 

奥さん:「あれー、ない!ここにあったお金がない!

      10万もあったのに、2万しかない、なんで?なんで?」

 

と言った後に、私の顔を見ました。

 

奥さん:「もしかして、あなた知ってるの?ってか、あんただよね?」

 

はい、この時点で今まで築きあげてきた夫婦の信頼残高が100点中

50点くらいだったとするなら

一気にマイナスのゾーンに突入した瞬間でした。

 

 

因みに、その時の私のセリフですか?

 

聞きたいですか?

 

最悪ですよ!こんなことを言いました、。

 

私:「うん、実は友達の〇〇が金に困ってて、金を貸したんだよ!」

   「本当、申し訳ない、黙って借りてしまって、、、」

 

奥さん:「マジー? そんなことってあるの?」

 

 

なんて会話が続き

 

かなりの苦しい話ですが、苦し紛れに友達を悪者扱いにしてしまいました。

 

本当、最悪なヤツでした。

 

 

一応、その話は奥さんは信じてくれたみたいでした。

でも、そのせいで、私の奥さんは、その友達のことが憎くてしょうがなかった

とも言っていました。

 

なんにも知らない友達はいい迷惑ですよね。

 

そんな親友だった友達も6年ほど前に30歳半ばにして、癌を患って

この世を後にしました。

 

出棺の時も立ち合いましたが、早すぎる死に皆悲しみにくれている時でした。

 

今まで気丈に振る舞っていた、彼のおばあちゃんが棺桶の蓋に釘を打つときに

泣き崩れた時でした。

 

皆、我慢していた涙が一気に噴き出しました。

 

自分も悲しくて、悔しくて涙が止まりませんでした。

 

そんな彼に、友人としていい思い出を作ってやるどころか

悪者にしてしまったことを凄く悔やんだのを覚えています。

 

今、アイツはあの世でどうしてんのかなー

 

 

そんな衝撃的な出来事があっても、最近までパチスロがやめられずに

いた自分はと思うと、後悔してもしきれません

 

Yくん オラはほんとにパチスロはやめるから!

金輪際威