読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オヤジからでもやり直しはできる!

パチスロ辞めてよかった。オヤジの再出発

オヤジのやり直し  今日が残された人生の始まりの日

パチスロやめて49日目!変化の兆しが感じられた1日  (42歳の誕生日での出来事)人気の占い師にまで身をゆだねてしまう・・・その6

パチスロやめて49日目

 

 

昨日は、私の民事再生に関することで、妻の感情が噴出したました。

その妻の感情のぶつけ所は、相当なものでした。

その感情は子供達にも影響が及びました。

 

それは、、、

 

たまたまですが、私がカミングアウトしたタイミングの直後に

ある番組の中で、過去に起きた借金を苦にした殺人事件の特集が

報道されていました。

 

その特集とは、よりによって、同じ青森県弘前市で起きた

武富士放火窃盗殺人」でした。

 

私はその番組を家族と一緒に見ていなかったのですが

妻と子供達でその番組を見ていたそうです。

 

 

そして、その番組をみながら妻は子供達にこう言ったそうです。

妻:「お父さんも借金をしてしまった、お父さんもこのよなことを

   しでかすかもしれないから、お父さんには気をつけなさいよ!」

と子供達に言ったそうなのです。

 

 

なぜ、それがわかったのかというと

私の小学2年の娘が、こんなことを言ってきたのです。

 

娘:「お父さん、借金して人を殺しちゃ駄目だよ!」

   「お金借りて、人を困らせたらだめだよ!」

 

と言ってきたのです。

 

 

私はそれを聞いて、娘に

 

私:「なんじゃ、それ!どういうこと?」って娘に聞いたら

娘:「だってお母さんが、テレビの事件見ながらそういってたよ!」

 

って言うんです。

 

流石の私も怒りがこみ上げてきて

妻にこう言いました!

 

私:「子供達に、そこまで言うのか?」

   「しかも、俺が作った借金は事業の借金でギャンブルではねーんだよ!」

   (たしかに、この頃はギャンブルはしてませんでした。)

妻:「はー?ふざんけんじゃないわよ、あんたの考え方に問題があんのよ!」

  「あんたの考えじゃ、事業もギャンブルも一緒でしょ!」

 

私:「だからって、子供達にまで、そんな話を飛躍して殺人にまで

   つなげて話を伝えるのか?」

 

 

妻:「・・・・・」

 

 

 

ってなやりとりをしてから、あれからもう約1年半前がたちました。

 

今日は私の誕生日でした。

 

相当冷え切っていた夫婦間でしたが、パチスロを辞めてから

私の行動も変化したせいなのかわかりませんが、今日はある変化を感じることが

できました。

 

それは、これです。

 

f:id:oyajireset:20160316225314j:plain

 

 

私の誕生日に妻がケーキを買ってきてくれたのです。

 

しかも、焼き鳥セットとビールまでも。

 

本当にありがったかったです。

こんなこともあるんもんなんだなと感謝の気持ちで一杯でした。

 

ますます、家族のために頑張っていこうと思いました。

ありがとう。