読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オヤジからでもやり直しはできる!

パチスロ辞めてよかった。オヤジの再出発

オヤジのやり直し  今日が残された人生の始まりの日

元パチスロ駄目オヤジが息子に説教&愛の鞭

パチスロ辞めて63日目

 

 

春休みを迎えた中学2年を迎えようとしている息子が

暴れだしました。

 

妻に暴言を吐き続け、身体は暴れまくり、近くにある物を

投げ始めます。

 

 

 

ことの発端は、友達の家に泊まりに行きたいと言い出した息子

 

息子:「友達んちに泊まりに行っていい?」

 

妻:「駄目だ!」

 

息子:「なんで?」

 

妻:「やることやったの?」

 

息子:「やったし!」

 

妻「見せてみ」

 

息子:「はっ?めんどい」

 

妻:「やってないから見せれないんでしょ?」

 

息子:「はっ、なんで決めつけんの?」

 

妻:「じゃ、見せてみろ」 だんだん語調がお互い荒くなってきます。

 

こんなやり取りを30分くらい聞いていた、私は

もういい加減、そんなやり取りを続けさせても、水掛け論というか

息子の考え方が、屈折していたので、何を言っても無駄だと思いました。

 

 

 

でも、そんなやり取りを見ている中で、そんな息子にしたのは

自分に原因があるのかなーと、単純に息子を攻めれませんでした。

 

 

それでも、流石に度を過ぎてしまった息子の言動に

このままでは収まりがつかないと思い、息子を引っ張りだして

外に連れていき、2.3発ぶん殴りました。

 

 

本当は、こんなやり方良くないとはわかってるけど

憎いからやってるわけではないのです。

なんとか立ち直って欲しいから、やってしまったのです。

 

 

その後、手を出してしまった以上、それっきりでは

息子の恨みだけが残ってしまってはいけないので、なんで

こんなことになってしまったのか?

どうするべきだったのかを、二人で感情的に成らないように

話合いました。

 

 

なんだかんだ、親の理想をおしつけてもしょうがないので

息子が現在大好きなモンストもしっかり尊重しつつ

息子が、その為に必要な行動はどうあるべきだったかを

1枚のメモ用紙に書かせました。

 

 

その息子が書いたメモ用紙について続きにしたいと

思います。

 

おやすみ