読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オヤジからでもやり直しはできる!

パチスロ辞めてよかった。オヤジの再出発

オヤジのやり直し  今日が残された人生の始まりの日

もうこの会社には居られないと思った瞬間!奥さんの顔が真っ先に浮かびあがった、、、

スロ辞めて106日目

 

 

1週間ほど前に起きた出来事です。

 

現在、私は飲食店に勤務しているのですが

市内3店舗を経営する飲食店の従業員です。

一応、営業部長という肩書きをいただいていますが

単純なホールの作業も普通にします。

 

 

出来事(事件)はゴールデンウイークの最終日に起きました。

私は、立場上3店舗の一番忙しいお店にヘルプとして手伝いに

行っていました。

そこで働く従業員さんから話を聞きました。

 

厨房のK君:「4/24~5/8まで朝6時から休憩なしで23時までまで勤務が続いています。

        しんどいです。」

 

私:「マジで?」

 

K君「休憩ないのは4/29からですねー」

私:「他のみんなも?」

K君:「厨房はそうですよ」

私:「そーなの?」

 

なんて会話の中から、めっちゃハードだなと思い

 

社長と比較的、接点のある私が社長にある提案をしました。

しかもLINEで!

これが、そもそもの間違いというか、問題の始まりでした。

 

私:「社長!社長もご存知かもしれませんが、〇〇店のスタッフが

   相当身体にムチ打って頑張ってます。5/8の日曜日の夜くらいは

   お客さんもあまり入らないだろうし、早めにしめて焼肉屋で慰労会兼ねて

   スタッフの労をねぎらってやるために少し早めに店を閉めることは

   可能ですか?」

 

社長:「せいぜい21時じゃないと駄目だな」

 

私:「じゃ、スタッフさんにそう伝えていいですか?」

 

社長:「は?誰がそんなこと言ってんの?;:@;;:@@;。。・・:「」

 

私:「?」

 

シビレを切らした社長がLINEのやりとりを中断し

私に電話をかけてきました。

一瞬でキレてるなとわかりました。

 

社長:「お前、何様のつもりよ!、誰がそんなこといってんの?」

    「あっ!?誰よ誰よ?!てめぇーふざけんな!」

 

みたいな感じになりました。

 

そして、話に収まりがつかなくなり、社長にこう言われまして。

 

社長:「ちょっと、話がある!(怒)」

私:「あっ、はい」

 

そして、車で社長の所に着くやいなや

 

社長:「待たせんなよっ!(怒)早く来いっ!(怒)

     早く座れ!、おーてめぇ、今回の件を弁解してみろ

     早く!早く!早く!(怒)」

 

   なんか、これ書いてて、またムカついてきた!!!!!!!

   冷静に冷静に書こう。

 

私:「弁解?って言いますと、どういう意味ですか?」

 

目の前にあった灰皿がテーブルに強烈に叩きつけられました!

「パギャーン」みたいな音

 

社長:「お前、こう言ったよな;@@:;@。。:@「;:」

 

私:「はぁー、かくかくしかじか」

社長:「お前、口うまいねー、直ぐにそうやって話を切り返す!(激怒)」

感情の塊、多分もう少しレベルアップしたら脳溢血で

倒れるほどのカンシャクを起していました。

 

f:id:oyajireset:20160518212454j:plain

 

 

私の心の声:「何言っても無駄だな、、、、」

 

 

今まで、他の社員に対してのやり取りを聞いてもそうだし。

この会社で10年以上勤続している人が誰一人として居ないのもうなずける

なと思いました。

 

酷い仕打ちを受けた社員の中にはこんなことを言われた人も居ます。

社長:「お前の給料なんてのは、金をドブに捨ててるようなもんだ!」

 

って言われた社員もいたほどです。

 

でもね、そのように言われた社員さんの私の印象は

この人がいなかったらこの店は回らないだろうなと思えるほどの

人格者でした。

 

そんな人に対して、社長はそんなことを言ったのであれば

私のことも信用に値しない人間だと子供のように怒りだすのも頷けました。

 

私は思いました。感じました。

 

 

こんな経営者がいるから、従業員も成長しないんだ!

従業員だって家族のいる人も多いですよ!

そんな環境で育った社員が家に帰って、家族にどう接するの?

「あー、今日も疲れた!(ため息)」

これを見た子供、奥さんはどう思うのだろうか?

社長だって、いろんな責任があるから、勘違いして激怒することも

あるだろうけど、この社長に関しては政治絡みでのし上がってきた社長の

印象しかありません。

 

そもそも勉強をしていません。勉強することとを否定すらします。

こんな経緯者が世にはびこるのはゆるせねぇーと思った瞬間でした。

 

しかし、ほとんどの人はこんな状況にも我慢するんでしょうねー

オラは我慢できねぇー

 

 

しかし、妻の顔が子供顔がよぎってしまうのも

現実的に否めないのですねー。葛藤の渦に心が揺れ動く、、、

 

 

でも、今回の件を皮切りに私は

今まで暖めてきた、新たな仕事を更に軌道に乗せようと

奮い立つのでした。

 

 

バカ社長ありがとう!やる気にさせてくれて!

 

あー、ムカつく!って思った!