読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オヤジからでもやり直しはできる!

パチスロ辞めてよかった。オヤジの再出発

オヤジのやり直し  今日が残された人生の始まりの日

小遣い減額による反動

パチスロやらなくなって23日目

 

 

今まで、月に20000円もらっていた小遣いが

 

ある日を境に

 

妻:「たばこ辞めなさいよ、そしたら月15000円でも

    いけるよね」

 

自分:「まじかよー」

 

妻:「まじだよ」

 

自分:反抗的な態度で黙り込む、、、、

 

 

妻は出産を機にたばこを辞めたので、彼女の禁煙しなさい

宣告には説得力がありました。

 

しかも、彼女の方が自分より1.5倍の給与!

 

本当に頭が上がりませんでした。

 

なくなく、5000円の減額に契約更新せざるを得ませんでした。

 

今まで、2万あったものが1..5万

 

これ、ある本にも書いていたのですが

 

今まで与えられていた可能性が、減額なり衰退をしていくと

自分の中での反抗心が強くなると書いていました。

 

 

極端な例だけど

アメリカの人権問題で白人と黒人の1家あたりの収入の格差が

黒人は白人の56%だったそうです。

 

ただ、経済成長と共にその格差が80%まで上昇し推移した時期が

あったそうです。

 

ですが、その状況も一変しいったん上がった水準も74%まで

下落した時に黒人の暴動は起きたそうです。

具体的には1963年バーミンガムの暴動

 

そして、ニューヨーク、デトロイトの大動乱につながったと

言われています。

 

ここまでm大げさではないですが、自分もいままで

与えられていた20000円の自由を奪われることによって

暴動まで行きませんでしたが、大人げない態度をとっていたような

気がします。

 

そんなこともあってか、妻の給料より下でいる以上

自分はこんなみじめな想いをするんだと思うように

思うようになっていったのです。

 

このころから、自分の思想の歯車が狂い始めていったのかなと

今は思います。

 

その想いがつよく、自分をビジネスを始めたのですが

そのビジネスが新たな火種を生んでしまったのです。

 

今思えば、本当バカ野郎でした。

 

でも、これは経験したから言えることであって

何もチャレンジしていなかったら

自分の考えが間違っていたことにも気づかなかったと

思っています。

 

その火種は今度、テーマに合えば書いてみます。

 

今日もよくやった自分!

excellemt